株式会社ヘルスビジネスマガジン社発行の健康産業の専門誌「ヘルスライフビジネス」の
『特集ビタミンD』で、イネルディアサンテナチュレの「VITAL D3」を取り上げていただきました。


ヘルスライフビジネスVitalD2掲載記事

 

新型コロナウイルスの影響で、特に海外ではビタミンDに対する注目が高まっています。

近年では、骨だけではなく、ビタミンDが「身体のいろんなところに作用している」ということがわかってきました。

しかし、日本人の8割でビタミンDは不足しており、4割で欠乏していると言う研究結果もあります。

ビタミンDの論文が急激に増えている中、インフルエンザや風邪の発症リスクに対する研究が盛んになされ、東京慈恵会医科大学 浦島教授ら国際共同研究チームは、「ビタミンDを摂ることで、インフルエンザや気管支炎・肺炎などの発症が、2割少ないことがわかりました」(浦島教授)という結果が発表されています。

今春、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言により、外出自粛を要請され、コロナ太りなどさまざまな健康問題が注目を集める中、米国では、トランプ大統領がCOVID-19の治療中に摂取していたとか、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長が、9月10日のインタビューで、「ビタミンDが欠乏していると感染症にかかりやすくなる。そのため、摂取を推奨しても構わないと考えている。私自身も、ビタミンDのサプリメントを摂っている」と話した事で更に注目度が高まっているのがビタミンD3なのです。

 

ご興味のある方は、「液状タイプのビタミンDサプリ「VITAL(バイタル)‐D3」の記事をHPでも掲載されていますので是非読んでみてください!!

株式会社ヘルスビジネスマガジン社

https://www.health-mag.co.jp/

記事>ニュース>仏発・100%天然由来の液状ビタミンDサプリ上陸、OEMも可/ティーアンドアール



 

モバイルショップ

キャンペーン情報